アプリでの課金とその支払い方法は?|限度額の上限設定の方法

アプリでの課金と、その支払い方法

 

スマホ向けのアプリなどにあるシステムの「課金」とは、一定の料金を支払って有料のコンテンツを購入することです。
例えば、ゲームアプリなどでは、ゲームを有利に進めるために必要なアイテムを課金アイテムとして販売しています。

 

そのほかにも、時刻表アプリなどの便利アプリ系にも課金要素が入っている場合もあります。
便利アプリ系の課金コンテンツとは、アプリの機能を最大限に使えるように制限を取り払ったり、無料で使っている人よりもより便利な機能が使えるようになる、広告表示を消すことができるようになるなど様々な効果があります。

 

では、そのような有料アイテムの支払い方法とはどのようなものでしょうか。
支払い方法はいくつかあり、もっとも手軽な方法はクレジットカードを利用した支払いです。

 

クレジット情報をあらかじめGoogle playやApp storeなどのアプリストアに登録しておけば、ワンタッチで支払いを済ませることができます。

 

クレジットカードを持っていなかったり、アプリストアにクレジット情報を入れたくない方には、Google playカードやiTunesカードなどの仮想通貨を購入して支払うこともできます。
この方法を使えば支払った額などが目に見えやすいという利点もあります。

 

 

課金は限度額の上限設定をしても駄目

 

最近のゲームは基本は無料で遊ぶことができ、ゲームの中で有利に運ぶことができるアイテムなどが有料というパターンが多いのですが、課金をすればいくらつぎ込んでもきりがないということになってしまいます。
それだけに家計に影響があるぐらいお金を使ってしまうこともあるのですが、課金の限度額の上限設定をするならば問題ないのかというと、これは守ることができるなら問題はありません。

 

そもそも限度額の上限設定をしなくても程々の金額で楽しんでいることができるのであれば問題となるわけではありませんから、たしなむ程度の課金で済んでいるのであればそれほど気にする必要はないのです。

 

 

しかし、明らかに趣味の範囲を逸脱してお金がかかりすぎているのであれば限度額の上限設定をするべきですし、それを守ることができないのであればきっぱりやめてしまう必要があります。
課金が悪と考える人もいるかもしれませんが、課金自体は悪いものではなく節度を持ってお金を使う分には生活を豊かにすることができますから悪いものではありません。

 

明らかに限度を超えてお金を使うようであればそれは大きな問題となってしまいますから、そのような場合にはきっぱりやめるなどの対処をすることが大切です。

 

 

新たな依存症、課金中毒を治療するために

 

近年、基本無料を謳ったスマートフォンゲームの台頭によって引き起こされた「課金中毒」という依存症の治療が急務となっています。
課金中毒とは、継続的に更新される、いわゆるガチャ商法にどっぷりハマってしまうことで、大金を失ってしまうことをいいます。

 

とりわけある程度の貯蓄があるアラサーにその傾向があります。

 

ではどのように治療していけばよいのでしょうか?まずはご自身、またはまわりの方が、本人に依存症であることを自覚させることが第一です。
課金している人々のほとんどは、まさか自分が中毒症状に冒されているとは気づいていないことがほとんどなのです。

 

人生で公私ともに最も充実しているとも言われるアラサー時代に、架空世界のキャラクターや恋人にお金を注ぎ込むことは、客観的にみてどうでしょうか。
リアルな自身のスキルアップや恋人とのデートにそのお金を使ってはみませんか?それでも自分ではどうにもできない、という方は、依存症を取り扱う心療内科を受診することをお勧めします。

 

専門医のもとで、それぞれの患者に適切な治療を提案していただけます。

 

また、課金中毒から脱却することで、スマートフォンゲームと離別しやすくもなります。
それまで費やしていた時間を、仕事に、趣味に有効活用してみてはどうでしょうか。

 

 

関連情報

 

課金が貯まり始めると、1個1個はわずかでも、徐々にマヒしてしまい。
やがては借金苦にまで陥る人が多いです。
課金が原因で借金苦になったならば、借金苦から脱出する方法を探す必要が出てきます。

 

あと、最近問題となっている、母子家庭の借金苦については、いろいろな制度を活用して、借金苦にならないように、する必要があります。
それは、たとえば、母子家庭の医療費免除などです。

 

現在、日本のシングルマザーの数は急増していて、約108万人以上いるとなっていますが、実は、この母子家庭などといったひとり親家庭の場合には、医療費を無料へと免除することが可能となっています。
これは、ひとり親家庭の医療費助成という父子・母子家庭や、両親がいない児童を養育している家庭の医療費負担を軽減するための制度によるものです。

 

この制度は子供だけでなく、親も対象となっており、その対象者となるのは、18歳になった最初の3月末までの児童(身体障害者の場合には20歳の誕生日まで)と、これを扶養している母親・父親・養育者となっています。

 

母子家庭などの場合に参考になるのが以下のようなサイトです。
一度、訪問してみて下さいね。

 

関連情報:母子家庭は医療費を無料に免除してくれる?